スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大雪に対するコンビニの動き 山梨県、長野県佐久へヘリコプターで輸送

大雪に対するコンビニの動き 山梨県、長野県佐久へヘリコプターで輸送


2014年2月18日 朝日新聞

セブン&アイ・ホールディングスは18日、ヘリコプター4機で山梨県内などのセブン―イレブン、イトーヨーカドーに計2万食余りを届ける。17日もヘリ輸送でパンを届けたが、この日は牛乳やカット野菜なども追加。ヘリ輸送は東日本大震災以来という。長野県の佐久地域の35店舗にもこの日朝、ヘリ輸送が行われた。


 ローソンは18日朝、愛知県営名古屋空港から輸送用ヘリを山梨県内に向けて出発させた。カップラーメンなどの即席麺4千個を緊急輸送した。それでも、山梨県内全域にはパンや弁当類などの商品が配送できない状況が続いているという。


*****


孤立状態が続く山梨県の集落。

自衛隊が中心となって、懸命に孤立状態を解消しようとしている様子がニュースで映し出されています。

お年寄りが多く住む集落で、食料のみならず、医療ケアを受けなければならない方々も多く、非常に困っているとのことです。

そのような集落には、県が食料をヘリコプターで届けるように準備をしているとのことでした。

一部では、すでに届けられていることでしょう。



コンビニがある地域でも、道路状況によって配達が滞り、納品がなくて売るものがなく、食料を買うことができない人がいる状況に対して、セブン―イレブン、イトーヨーカドー、ローソンでは、独自にヘリコプターをチャーターして物資を輸送しているとのことです。


企業の社会的責任、CSR, Corporate Social Responsibility を果たそうをしていることでしょう。


フットワークの軽さ、広く社会に対する知ってもらう形としては、非常に分かりやすい形です。


企業も社会を構成している「市民」です。

あえて漠然とした言い方をしますが、「正しい市民としての企業」 が平時においても活躍することを願っています。
スポンサーサイト
最新記事
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。