スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤い羽根共同募金 街頭募金のお手伝い@JR新浦安駅

「赤い羽根」

見たこたがない人、知らない人はほとんどいないと思います。

学校や町内会、駅などでの呼びかけ

たまに見かけると思います。


有名ではありながらも、その募金の使われ方や集められ方など、あまり知られていません。


赤い羽根共同募金は、各自治体にある「社会福祉協議会」が担当となり、「中央募金会」が主催するものです。


募金は、その趣旨に賛同し、役に立てて欲しい、という気持ちをお金として表すものでしょう。

計画的に、効率的に、募金を集めるために、学校や町内会で行うことは必要なことでしょうが、赤い羽根のことをよく知らなくても、

「学校の先生に言われたから」

「町内のみんながやるんだから」

…と、本来の募金の考え方ではない動機付けで「募金」という呼ばれ方をするお金を出していることはないでしょうか。


街頭募金であれば、本当に募金をして下さろう、という方々から、直接募金をお預かりすることができます。

募金をして下さる方も、「顔が見える募金」と感じることができるかもしれません。

そのため、街頭募金は、とても重要なのです。


今回、浦安市社会福祉協議会からお話があり、明海大学のがくせいが、街頭募金の呼びかけをしました。


最初は小さかった募金への呼びかけ声は、徐々に大きくなり、終了予定時刻を過ぎましたが、「風船がなくなるまでやろう」との意見が出て、いま、明海生の声が新浦安駅前に響いています。











中山恵一(くま)
スポンサーサイト
最新記事
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。