FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浦安市の小学校で、参加型学習講座が開かれました。

浦安市の小学校で、参加型学習講座が開かれました。


経験や本物が持つ力


とても力強く、印象に残り、児童生徒が様々な分野に興味関心を持つきっかけになると同時に、将来の選択肢の幅を広めていきます。




以下は朝日新聞デジタル版(会員用)からの引用です。

*****

子供たちの楽しげな声が土曜日の校舎に響いた。

ドラム演奏やコンピュータープログラミング、CDを利用したホーバークラフトづくり、車いす・認知症看護などの社会体験。多彩な13の参加型学習講座を保護者や地域のボランティアらが運営する、異色のワークショップ大会が28日、千葉県浦安市の美浜南小(金澤正美校長、児童272人)で開かれた。

地域連携やキャリア教育など、現代の学校に求められている様々な要請に応えようと、PTAが自ら取り組んで実現した。

。在校生や卒業生の父母のほか、浦安市の生涯学習企画「うらやす市民大学」の受講生や趣味の市民サークルメンバーら約60人がインストラクターを務め、同小の教師らも企画段階から加わった。

*****



 とても素晴らしい取り組みです。

 市民と学校と行政の協働。




 一つだけ今後への期待を述べます。

 なぜこのような取り組みが記事になるのか?

 理由は単純。ニュースバリューがあるからです。


 なぜ? 珍しいからです。



 2つのポイントで記事になるのではないか、と考えています。

 1つ目 現状ではこのような取り組みが少ないから

 2つ目 市民、学校、行政が協働することが少ないから。



 私は1つ目について少し言及します。

 体験を基にした教育は、今回の浦安市の小学校でのような「イベント」として行い、興味関心を広めたり、社会的な認知を広めていくことが必要だと思います。

 社会に「経験が大切」という理解が深まっていくことは、教育の手法を広げる意味合いでも大切です。

 日頃の学校教育の中でも実践できることです。


 たとえば、「俳句」を国語の授業で扱いますが、季語や形式を覚え、それを使って生徒が作ります。

 どこで作りましたか?

 
 この前の授業で、この質問を学生にしました。


 「教室です」との答え。


 そうですよね、そうでしょう。



 でも、ちょっと待ってください。


 空気の暖かさや涼しさ

 春ならば新緑の匂い

 秋ならば枯葉を踏む音

 雨上がりの独特の匂い



 これらを感じながら、俳句を作るのと、季節感がない教室内で作るのと、違いがあるのは明らかです。


 俳句を外で書く。

 
 これも、一つの「経験を基にした教育」です。



 なにも特別なことではありません。


 知識とともに、経験も重要視して欲しい。




 記事にならなくていい。

 珍しくない方法になって欲しい。

 
スポンサーサイト

教育の手法を転換し、予習重視

教育の手法を転換し、予習重視


 本日(2013年9月24日)の朝日新聞デジタル版(会員版)によると、佐賀県武雄市の教育委員会が、小中学生全員にタブレット端末を配り、事前に動画を観ながら基礎的な学習を自宅で予習し、授業では予習を踏まえた応用や、静と動趾で教え合う授業をするという。

 この手法を「反転授業」と呼ぶようである。



 私の経験では、アメリカ・ミネソタ大学の大学院に入るまで、予習の重要性を理解していなかった。

 知ってはいた。でも、分かってなかった。

 大学院での授業は、予習を前提としており、教科書を読み込んでおかなければ、授業に出る意味がまったくなかった。

 授業では、教科書に書かれていることを前提として、講義や討論が進んでいく。

 授業中に質問でも、意見でも、何かしら発言しなければ「出席していない」と扱われるか、「何も考えていない者」とみなされる。

 
 私は日本の大学では経済学部(発展途上国経済論)を学び、大学院では野外教育を専攻していたので、野外教育の基礎的な学習をするために、ミネソタ大学の学部の授業も履修した。

 学部の大人数授業であっても、グループに分かれての討論がある授業もあった。そうではない授業もあったが。


 しかし、自ら学ぼうという意思を持つ者は最低限、また、学習習慣をつけることが求められる初等教育では、もっと予習に注目した手法も用いることが大切であろう。

 現在では、基礎学力は学校で学ぶことができても、応用力や互いに教え合うことを実践する場が保障されていないのではないだろうか。

 塾に通う生徒は、塾で応用も、時には教え合うこともできるかもしれない。

 しかし、塾に通わない、通えない生徒に対しての対応はどうするのか?


 「反転授業」を採り入れることには、大きく賛成する。




 記事によると、アメリカでは2000年代から反転授業が急速に広まったとのことである。
 なんでもアメリカ式がいいとは限らない。



 OECD(経済協力開発機構、Organisation for Economic Co-operation and Developmenn)は、70を超える国や地域で3年ごとに学習到達度調査(Programme for International Student Assessment, PISA)を実施している。

 これは、15歳の実力を主要科目である読解力、算数(数学)、科学で測るものである(PISA)。

 最新のデータは2013年12月3日に発表される、とのことである。


 このPISAによると、アメリカはどの科目でもトップ10には入っていない。

 ちなみに日本は、どの科目でもトップ10に入っている。



 PISAのデータは、「数値」で発表されるものなので、昨日の「静岡県川勝知事」の件と重なる部分があるので、トップ10に入っていないからダメ、入っていればイイという訳ではない。



 基礎的学力の習得は、学習者の将来の選択肢を増やすためにとても重要である、という意見を私は持っていることを強調しておきたい。



 アメリカは、PISAの結果ではトップ10には入っていないが、教育制度に対しては様々な取り組みがなされてきた。

 ホームスクーリング
 マグネットスクール
 バウチャー制度
 チャータースクール(過去の投稿

 賛否両論あるだろうし、それぞれを説明したら、個別な投稿ができるだろうから、今回は割愛する。




 この投稿のトピックとは直接関係はないが、いや、もしかしたらアメリカがPISAの上位に入っていない理由にもつながるかもしれないが、

 OECDのブログによると、2009年のPISAに参加したOECD加盟国の3人に2人の生徒は、(学習の妨げとなる)ノイズや秩序が保たれていない教室では、勉強がまったく、またはほとんどできない、と述べている。

 また、多くの国や地域の生徒は、教室内の規律、秩序を順守する風潮は、PISAの結果に肯定的な影響を与えていることが述べられている。

 
 自由闊達な授業、規律を順守する授業、このバランスをどのように取っていけばいいのか、いまだに私自身の結論は出ていない。

ペット:改正法で自治体の引き取り拒否可能に 命守れるか(毎日新聞より)

ペット:改正法で自治体の引き取り拒否可能に 命守れるか


2013年9月23日 毎日新聞のWeb版で、タイトルの見出しがついた記事がありました。

要約すると、法律が改正され、「相当の理由の困難」な場合に限り、ペットは引き取りを「拒否でき」、新しい飼い主を見つける「努力を求める」、ということである。


どうなるか?


野良犬、野良猫になりますよね。


ペットだったヘビが捨てられたり、カメ(カミツキガメ、ワニガメなど)が捨てられたりしています。


それを防止するために、犬や猫にはマイクロチップを埋め込んだらいいのではないか、という案が出ているようです。

一案だとは思います。迷い犬、迷い猫を見つける手立てになります。



でもですね、「相当の理由の困難」って、定義があいまいですよね。担当者次第ですか?

「拒否できる」ということは、「相当の理由の困難」がなくても受け入れることもある、っていうことですか?


「努力を求める」けれど、努力しなくても受け入れる場合もある、っていうことですか?



先ほど、生活保護の申請を受理してもらえなくて、病死・餓死した姉妹の話が放送されていました。

生活保護の申請要件として、「客観的に求職活動をしている」ことが証明されなければならない、ということが述べられていました。



「ペットのことと生活保護は別な次元だ」という意見があるかもしれません。


でもペットにとっても、生き死にの問題です。

捨てられたペットによって、生態系に影響が皆無なわけではありません。



どちらも、法律によって施行されるものでありますが、定義や運用を明確に示されている場合と、解釈によって法の執行者による言動がゆらぐこともあるでしょう。



ペットを飼うのであれば、ペットの命が終わるまで、飼い続ける覚悟が必要で、そうでなければ「猫カフェ」など、様々な種類のペットの専門店がありますので、そちらへ行って楽しむことも考慮してはどうですか。


しかしながら、自分の力ではどうしようもない場合も出てくるでしょう。

そのような時は、新しい飼い主を一生懸命に見つけたり、民間のシェルターに委託したり、ペットの命が与えられた時間だけ全うすることができるように努力して欲しいです。

そして、どうしても、どうしても、どうしても、どうしようもなくなったときに、初めて役所に相談して欲しいな、と願っています。

全国学力調査結果公表について思うこと

全国学力調査結果公表について思うこと


 昨日、「全国学力テストに思うこと」という投稿をした。


、静岡県川は、全国学力調査で、小学の国語Aで最下位だった。

 そして、川勝知事は、2013年9月9日の定例記者会見で、「国語Aの下位100校の校長名を公表する」と述べた。

 先の投稿にも述べたが、市町村名や学校名が公表されることは禁止されている。

 そこで、川勝知事は「校長名ならばいいだろう」と判断した。



 公表の理由を以下のように述べている。


「読解力の低下は子どもの責任ではなく、先生の責任。学校名は公表できないので、校長名を公表して責任の所在を明確にしたい」(2013年9月10日朝日新聞デジタル版会員用


静岡県教育委員会は、「公表することで、子どもたちが自信を失う可能性がある」「公表することで効果が上がるとは思えない」(2013年9月14日朝日新聞会員版)として、校長名を公表することに反対をして、知事に公表を控えるように要請した。


「序列付けには反対といいながら、都道府県別では序列をつけている」(川勝知事)(2013年9月15日朝日新聞デジタル版会員用


この反対を受けてか、川勝知事は国語Aの全国平均点を上回った86校の校長名を公表するように公表内容を変更した。(2013年09月20日朝日新聞デジタル版会員用


知事は「公表するなら下位でも上位でもどちらでもよかった。今でも関心は下位にあり、上位は問題ない」と述べた。

「点数を上げるためではない。点数は、その人の人格を支配するようなものではなく、大したことではない。成績が悪くてもいい。国語や算数をもって人間を見ていく風潮を変えたい。おおらかな社会を作る必要がある」
2013年9月21日朝日新聞デジタル版会員用


報道陣に対し、校長名の公表について「校長には(意向を)直接確認していない。学校名を公表しておらず、実施要領には矛盾しない」と話した。(2013年9月21日朝日新聞デジタル版会員用


「序列付けには反対といいながら、都道府県別では序列をつけている」(川勝知事)(2013年9月15日朝日新聞デジタル版会員用



 以下は、私なりの解釈ではあることを断っておく。

1.
全国学力調査の結果で、小学校6年生の国語A(読解力を問う問題)で、全国最下位であった。

2.
客観的な数値として結果が出され、「学力が低い県のレッテルは恥ずかしい」と思った。

3.
誰かの責任にしなければ、自分が追及される。

4.
教育の一翼を担っている「家庭教育」には責任を持っていけない。

5.
学校教育の責任にすればいい。

6.
でも、学校名は公表できない。

7.
ならば、学校の責任者である校長名を公表すればいい。公務員だから、いちいち確認を取る必要もないし。

8.
しかし、学校教育を統括している教育委員会から反対された。

9.
それでは、静岡県内507校あるが、そのうち、全国平均を上回った86校の校長名なら文句はでないだろう。

10.
86校以外の学校は、全国平均を下回っていることが分かるし。

11.文部科学省だって、都道府県別での順位づけをしてるでしょ。




川勝知事は「点数は、その人の人格を支配するようなものではなく、大したことではない」と述べています。


はい、私もその通りだと革新しています。


でも今回は、「全国学力調査」の結果が出たからの対応ですよね。

ということは、学力=点数、と理解しているのではないでしょうか。



小泉純一郎が総理大臣だったころ、2003年のメールマガジンで「学力」について述べられていました。(これからの子どもたちに求められる「学力」)

「学力」とは,知識を詰め込み,試験で得点がとれるといったことだけを意味しているのではありません。子どもたちが生涯を通じて自ら考える力を育むためには,知識や技能に加えて,学ぶ意欲や思考力,判断力,表現力なども含めた[確かな学力]が必要です。



 川勝知事は、文部科学省だって全国的な順位づけをしているのだから、静岡県内でやってもいいかないか、ということを言っています。

 小中学校は義務教育です。

 義務教育の一つの目的は、どこに引っ越ししても、日本のどこであっても、一定の教育水準を保証することが挙げられるでしょう。

 地域格差をできるだけ無くすための指標として、全国学力調査の役割があると私は考えています。

 川勝知事は、静岡県内の教育格差があるのでそれを無くしていく方向に向かうよう、今回、公表する、という意図ではないと私は理解しています。



 一連の知事の発言は、「お勉強ができればいい」としか聞こえず、学校教育の役割を放棄させる方針に見えます。

 塾も最近は知識だけではなく「人間教育」に取り組むところも出てきているそうです。

 そして、静岡県の最高責任者として、今後の社会人を育てていく教育、しかも学校教育の根幹を揺るがしかねない事態を引き起こしています。


 新聞報道を見る限りですが、川勝知事の一連の言動については批判的な意見が出てきています。


 この件を「反面教師」として静岡県を含め、他の都道府県も学校教育の質、家庭教育や社会教育、塾では達成できない目標を目指して、日々の実践をしていって下さることを願ってやみません。

子どもに掛かる教育費について

 以前、経済力がある家庭の方が、進学率や学力が高いという報告がなされた。


 最近、仕送りが少ないために生活費を稼ぐための時間が多くなり、勉強のために割ける時間が少ない大学生が少なくない。


 日本政策金融公庫によると、自宅外通学者への仕送り額は、平均月9万円である。

 私が関わっている多くの学生が住む千葉県浦安市のワンルーム、1Kのアパートの平均家賃は6万円である(民間不動産業者による)。

 仕送りだけだと、家賃を除くと手元に3万円しか残らない。光熱費を含め、一日1,000円である。

 自宅に帰る前に大学でトイレを使ってから帰る学生もいるようである。

 冗談ではない話である。



 日本政策金融公庫が平成24年11月に発表した資料によると、高校入学から大学卒業までに子ども一人当たり1,000万円以上掛かっている、と報告した。

 一世帯の平均年収は557.8万円で、世帯年収の38.6%である。

 年収が200万円以上400万円未満の家庭では、世帯年収の58.4%である。


 世帯の所得に対する教育費の割合を等しくなるような方策を考えなければ、多様性が失われ、「お金持ちの家庭」に生まれた子どもだけがより高い教育水準になり、考え方も偏っていく危険性がある。

 また、機会さえあれば将来社会で、世界で活躍できる子どもたちも、生まれた家庭によって「差別」を受けるという事態になりかねない。

全国学力テストに思うこと

文部科学省は、全国学力テストの目的を以下のように示している。

・義務教育の機会均等とその水準の維持向上の観点から、全国的な児童生徒の学力や学習状況を把握・分析し、教育施策の成果と課題を検証し、その改善を図る。

・そのような取組を通じて、教育に関する継続的な検証改善サイクルを確立する。

・学校における児童生徒への教育指導の充実や学習状況の改善等に役立てる。



 一つ目に関しては、全国どの地域においても、一定の教育水準を保証する義務教育の意義から考えると妥当であろう。

 二つ目も、継続的に調査することで、年度による変化、地域による偏りを検証するのに有効であろう。

 三つ目が、学力テストの結果をどう受け止めるかで問題になってくる可能性がある。


 三つ目には、大切なキーワードが入っている。「学校における」とうい言葉である。


 義務教育で、一定の教育水準を保証するとは言っても、現実問題として、都市部、農村、漁村、山間部、過疎化が進んだ地域、住民の経済実態によって、教育水準に違いが出てくるのは明らかである。


 この問題を解決するのが、文部科学省が掲げる3点目であり、学校に対してプレッシャーを掛け、教育基本法で定められている教育の目標や教育の目的を逸してはならない。

静岡県知事、学力テスト結果下位校の校長名公表と、教員の質の向上

 先に実施され、結果が公表された全国学力テストに関し、静岡県の川勝平太知事が、小学校の国語A(知識を問う問題)で全国で最下位だったため、下位校の校長名を公表すべき、と2013年9月9日の定例記者会見で述べた。



 まず、「教育」について考えてみたい。


教育基本法には、一番初めに以下のように述べている。

「個人の尊厳を重んじ、真理と正義を希求し、公共の精神を尊び、豊かな人間性と創造性を備えた人間の育成を期するとともに、伝統を継承し、新しい文化の創造を目指す教育を推進する」



教育基本法第一条は、教育の目的を以下のように述べている。(全文)

第一条
教育は、人格の完成を目指し、平和で民主的な国家及び社会の形成者として必要な資質を備えた心身ともに健康な国民の育成を期して行われなければならない。



教育基本法第二条は、教育の目標を五項目掲げている。

その中で「知識」という言葉は一度しか出てこない。



第二条第一項 

「幅広い知識と教養を身に付け、真理を求める態度を養い、豊かな情操と道徳心を培うとともに、健やかな身体を養うこと。 」



 最初の部分だけを抜き出すと、「幅広い知識と教養を身に付け」となり、あたかも「知識の習得」が重要であるように誤解させる。



 静岡県の川勝平太知事は「読解力の低下は子どもの責任ではなく、先生の責任。学校名は公表できないので、校長名を公表して責任の所在を明確にしたい」(朝日新聞デジタル版2013年9月9日)としている。


 この発言の「先生の責任」と「学校名は公表できないので、校長名の公表」の2点に着目したい。



「先生の責任」

 これに関しては、異論はない。教員は「教育職員」の略なので、教育を担当する職員である。そのため、担当者に責任を帰することは避けられない。

 すなわち、教員の質の向上が求められる。

 さて、ここで疑問がある。

 教員の質を上げるための取り組みがどれだけなされているだろうか?


 私は学校教育の現場に出たことがない。そのため、私が体験したり、学校で見せて頂いたり、教員になった卒業生からの話を聴いて述べることしかできないことをあからじめ私の限界として述べておく。


 教員となってからの取り組みについて、公開授業、研修、10年毎の教員免許更新制度などが挙げられる。


 免許更新制度は、制度としては良いものであると考えている。文部科学省も、その目的を「最新の知識技能を身に付けることで、教員が自信と誇りを持って教壇に立ち、社会の尊敬と信頼を得ること」としている。

 しかし、更新講習を実施できるのは文部科学省が指定した大学のみである。これが問題である。

 私が所属している「Association for Experiential Education, AEE」が主にアメリカで開く年次大会には、現職教員が多く参加する。

 その目的は、州によって異なると思うが、2年ごとの免許更新のためである。

 AEEの大会に参加すると、AEEから参加証明が発行され、教員免許更新の証明書となる。
 そして、給与にも反映される。

 国、州、郡などでは、最優秀教員賞(Teacher of the year)制度がある。


 聞きかじった話で申し訳ないが、日本で最優秀教員賞制度で賞を受けた教員が、その後、職場でねたみの対象となり、仕事がしづらくなったと聞いたことがある。


 ここで述べたいことは、教員の質の向上を図る取り組みが不十分な中で、どのように教員の質を向上させるのか? という疑問である。



「学校名は公表できないので、校長名の公表」

 これは、文部科学省の言い分の隙をついたもので、理解に苦しむ。

 確かに、文部科学省は「学校名が容易に推測される情報の公開を禁じる」としておけが良いのだろうが、学校名はだめだから校長名ならOKというのは、あまりにも短絡的である。

 これについては、これ以上述べることがない。必要がない。





【アプリ】写真サイズを一発で縮小する


デジカメの性能がよく、きれいに撮影するために写真の解像度は大きくなっています。

しかし、それをはがきに印刷したり、Web に用いたりするのはファイルサイズが大きすぎます。


多くの写真を1枚ずつ小さくするのは面倒。


そんなときには、「縮小専用。」を使えば、一発で縮小してくれます。

1枚だけでも、複数ファイルでも、アプリケーションを起動して、その上にドロップするだけ。

とっても便利で、重宝しています。

【アプリ】サムネイルを作成する


サムネイル画像(元画像を小さくして、たくさん画面に表示させる)を作成するアプリケーションは多くあります。

Windows標準でも、画像が入っているフォルダの表示形式を「特大アイコン」などにすれば、サムネイルで表示されます。


Vixというフリーソフトは、サムネイルで表示させるのはもちろん、サムネイルで印刷したり、アルバムをWebで表示させるように html というファイルを作成したりすることができます。

html で保存すると、Internet Explorer や Fire Fox といったインターネットを見るブラウザに写真一覧が表示され、その写真をクリックすると、元のサイズで大きく表示されます。

これを応用すると、誰かに写真をあげるとき、単に写真のファイルがコピーされたものではなく、アルバムを表示させるようにすることも可能です。



【アプリ】重複した写真を抽出する


 先ほど、ファイル名を変えるアプリケーションを紹介しました。

 多くの写真を撮影し、ファイル名を変え、コピーをして、別フォルダに保存

 こんなことをやっていると、同じ写真なのにファイル名が違って、選別するのが大変になってしまいます。


 その状態に私が陥り、なんとか自動で見つけ出してくれるものはないか調べていたら、ありました!

 その名も「重複画像チェッカー」です。

 一度しか使っていないので、慣れているわけではありませんが、見事にファイル名が違う同じ写真を複数見つけ出してくれました。


 操作性については「素晴らしい!」というほどではなく、また、見つけ出した後の写真を複数選択して削除できないなど、若干不便なところがありました。

 でも、重複写真を自動で見つけ出す!

 これができたので、とっても満足です。

【アプリ】ファイル名を変える

デジカメになって、たくさん写真を撮りますよね。 

写真の整理をするとき、みなさんはどうしていますか?


私は、次のようにファイル名を変更して、保存しています。


[年月日日時秒,通し番号,---撮影者---オリジナルのファイル名.jpg]


最初の「年月日日秒」は、写真を撮影した時刻です。そして、まったく同じ「秒」に何コマか撮影したときは、撮影淳に「通し番号」を入れます。

「撮影者」は任意の文字です。カメラ名であったり、撮影者名であったり。

そして、何かのときのために、オリジナルのファイル名を残しておきます。



さて、これを手作業でやろうとしたら、大変なことになります。


そこで、「Flexible Rename」というアプリケーションを使うと、これらが一発で変更されます。

文字の追加、文字の削除、文字の置き換え、連番を付ける、撮影された写真の日付情報を使う、などなど。


これでフリー?? と思わせる充実ぶりです。

最新記事
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。