FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「小4算数・理科が過去最高点 国際調査 脱ゆとり効果か」との記事が出されました。

「小4算数・理科が過去最高点 国際調査 脱ゆとり効果か」との記事が出されました。


一週間ほど前の記事ですが、朝日新聞から「小4算数・理科が過去最高点 国際調査 脱ゆとり効果か」という記事が出されました。


国際数学・理科教育動向調査(TIMSShttp://timss.bc.edu/)という調査に基づいて集計した結果、日本の小学4年の得点が、算数と理科で過去最高だったとのことです。

しかしながら、世界的な順位では、前回の調査(2007年)と同じです。1995年から比較すると、点数は上がっていますが順位は下がっています。

この点数は、全体の平均を500点とし、それを基準にして求められています。要するに、偏差値ですね。


TIMSSでは1995年から、数学と理科について、小学4年生と中学2年生を対象に4年毎に調査しており、2011年で5回目です。

また数学と物理についても高校3年生に1995年と2008年に調査しており、次回は2015年に実施される予定です。


PIRLS(Progress in International Reading Literacy Study、国際読解力進度調査では、小学4年生に5年毎に実施され、初回は2001年でした。


これらの調査に参加する国・地域は、以下のことを把握するために参加しています。

・世界レベルから見て、当該国・地域の進度を測定すること

・教育を良くするためのゴールや基準を設定するため

・カリキュラムの再編を促進するため

・分析結果を基にして、教授法や学び方を良くするため

などが挙げられています


TIMSSのホームページで概要などが掲載されています。


設問を見ると、学力だけではなく家庭内でのサポート体制、学校で教えるためのリソース、学校の風土、風潮、教員の授業準備、クラスでの教授法などについても調査されています。

記事によると、文部科学省では得点上昇の要因について、「08年度に学習指導要領を改訂し、学習内容や授業時数を増やしたこと、07年度からの全国学力調査の取り組みが成果を上げてきた」(記事より)と述べています。

しかしながら記事によりますと、得点は上昇していても「勉強意欲は国際平均を大きく下回」っているとのことです。



「意欲」や「動機づけ」はどのようにして上がるのでしょうか??



将来への必要性を強調し、焦らせて「勉強しなければ」という雰囲気によって、外的な影響による動機づけで、児童生徒は学習しているのではないでしょうか。研究結果があるわけではないので、あくまで推測の域を出ませんが。


自ら楽しみ、自ら喜び、自らやりがいを感じなければ、自発的な意欲や動機づけの上昇にはつながらないと考えています。


どうすれば、自発的動機づけにつながるのでしょうか?


児童生徒が間違いをした場合、「違う」と言ってしまうのではなく、どこがどのように間違えているのかを「気づかせる」ことが重要でしょう。

一昔前の漫画に、何かをひらめいた時、頭の上の白熱電球がピカッ!と光ります。

そのような「あっ! そうか!」と言った気づき。その状態に導くような指導があれば、単に覚えるのとは異なり、「知っている(know)」だけではなく、「理解する(understand, appreciate)」することでしょう。

自ら気づいたとき、自分の力で解決した、という成功体験につながります。

それが、うれしさにつながり、楽しさにつながっていくことでしょう。

そして、自発的(内的)動機づけを導いていきます。





話は違いますが、12月1日から大学3年生は就職活動に入りました。

ものすごくピリピリしています。

社会へ出て生活していくための第一歩ですから、当然のことでしょう。

有名で大企業の就職倍率は、数百倍にもなります。何百人に一人しか就職できないのです。



しかしながら、ここでも周りからの圧力が生じています。

夢や目標があり、就職活動をしないことを考えている学生がいます。

そのような学生に対し、就職活動を一生懸命にしている学生は、「何を言っているの?」や「就職活動しないなんて、やばいんじゃない?」と言った意見が向けられています。


いったい誰のための就職活動でしょうか?

周りがやっているからやるのって、周りのために就職活動をしているように感じてなりません。


いたずらに「就職活動をしなくて良い」と言っているのではありません。

就職するにしても、しないにしても、誰のためか?ということを考えながら進んで欲しいのです。


就活生で、サポートが必要な人はいつでも来てください。

今も、目の前で学生が自己PR、学生時代に力を入れてきたこと、志望動機を書いています。


就活しない学生、いつでも来てください。

一緒に将来を考えていきましょう。




あ、言い忘れましたが、「脱ゆとり」には反対です。

「脱ゆとり」したから、得点が上がったという因果関係は、あまりに短絡的です。




※ 本文中、中山が訳した部分がありますので、より適した訳語がある場合があります。


スポンサーサイト

「くまプロジェクト」は新しいブログへ


これまで、「中山恵一」の個人のブログに、くまプロジェクトに関する記事を投稿してきました。

しかし、くまプロジェクトも団体として自立させるために、専用のブログを作成致しました。

http://kumaprojectblog.blog.fc2.com/


くまプロジェクト Facebook
http://www.facebook.com/KumaProject?ref=hl

くまプロジェクト ツイッタ―
https://twitter.com/kumaprojectkuma  @kumaprojectkuma


過去のくまプロジェクト関連ブログも、中山恵一の個人ブログから(可能ならば…)引っ越しをしていく予定です。

【くまプロジェクト】 others プロジェクト チームわこ(仮称)と一緒の活動です。

2012年12月8日 土曜日



こんばんは。


今回は、世田谷ボランティアセンターが企画している「世(せ)ボラバス」(「ボラバス」とは、「ボランティアバス」の略)の参加者の有志が、チームわこ(仮称)を結成し、3名の方が下見を兼ねた作業にいらっしゃり、一緒に活動をさせて頂きました。


土曜日は暖かい午前中でしたが、徐々に風が強くなり、午後はかなりの強風になりました。

海側はキレイな青空ですが、山手には黒い雲が掛かっており、どんどん広がっています。

そして、雨。しかもかなり本格的な雨です。

雨具を着て作業をしても、風と雨が強いので、倉庫小屋に避難し、少し小降りになったところで16:30頃に撤収しました。

夜は、横殴りのみぞれに変わり、いまは深夜ですが、止みました。




さて今日の活動は、先週まで活動をしていた「3番」と呼んでいる土地から「2番」と呼んでいる土地への引っ越しが最初です。


ちなみに、これが先週まで活動していた「3番」です。

01-20121208113922-P310-DSCN3148.jpg

02-20121208113932-P310-DSCN3149.jpg

通路と、その通路に沿って花を植えるための黒土を盛ってあり、区画ができました。

今日から本格活動を開始した「2番」でも、それを目指します。



まず、通路区分け用として使った玉石の移動、そして「others」の看板の周囲に植えていた植物を移動しました。

03-20121208113958-P310-DSCN3150.jpg

10-20121208114344-P310-DSCN3163.jpg



た組JAPANによってあらかじめ3番から抜いておいてもらった「others」の看板を新しい位置に設置しました。

土に埋める部分は、othersプロジェクト 最高顧問の菊地さんによって防腐剤を塗って頂き、また、抜けにくくするための針の「かえし」のような部材も取り付けていただきました。

11-20121208114216-Naoki-D7000-DSC_0287.jpg



そして、刈払機で枯れた草を刈り…

12-20121208113746-Naoki-D7000-DSC_0275.jpg



普門寺檀家の会 副会長からお借りした大きい耕運機と、小回りの利く菊地さんの耕運機で耕し…

12-2-20121208135511-Naoki-D7000-DSC_0303.jpg

12-3-20121208143415-Naoki-D7000-DSC_0309.jpg



広範囲の土を柔らかくしました。

12-4-20121208154056-Naoki-D7000-DSC_0319.jpg




今回、チームわこ(仮称)のお一人が、山元町内をあまり見ていらっしゃらないとのことでしたので、JR常磐線坂元駅、山元町立中浜小学校、磯浜漁港、普門寺近くの堤防が切れた場所、そして山元町立山下第二小学校にお連れしました。


途中、中浜小学校の横にあった3月11日の姿のままだった墓地を通りました。

そこは、墓地の跡だった姿はなく、すべて整地され、砂利が敷かれていました。

13-20121208152533-P310-DSCN3167.jpg


墓地だったところから県道を挟んで反対側には、津波で流された墓石の痕跡がありました。

14-20121208152723-P310-DSCN3169.jpg

15-20121208152756-P310-DSCN3171.jpg


近くには、ズボン。

16-20121208152808-P310-DSCN3172.jpg



最後に立ち寄った山下第二小学校では、解体工事をしていました。

この学校は、中浜小学校よりも海から遠く、二階部分はほとんど水に浸からなかったということを聞きました。

鉄筋コンクリート造りで、見た目には大きな損傷もないので、数は少ないですが近くに住む方々の避難所としての役割を果たすことができそうですが、解体作業が進んでいます。

17-20121208162138-P310-DSCN3193.jpg


学校そばの木には、山下第二小学校を想う方によると思われる看板が掲げられています。

18-20121208162325-P310-DSCN3195.jpg



私は、偶然の通りがかりで山元町と出会い、テラセンと出会い、普門寺の住職と出会い、いままで活動させて頂いてきました。

単なる一介の通りがかりの者です。

「何かしたい」という自分の欲求のままに動いてきました。

「大切だなぁ」と思うものが、約1年半、山元町を見てきた間にどんどん無くなっていきます。


振り返ってみると、無力感… 

何をしてきたんだろうなぁ。

何ができてきたんだろうなぁ。


ゆっくり考えてみます。


中山恵一(くま)

【くまプロジェクト】 others 山元町は地震があり、津波警報、避難勧告が発令されました。いまは東北道。マイナスの気温です。

こんばんは。

今日から、othersプロジェクトのために、学生二名と山元町に向かっております。


浦安を出発する前、荷物を積み込んでいるときに、震度4以上で通知するようにしておいたアプリが、警報を発しました。

震源は三陸沖。

なぜ浦安の設定なのに鳴った?と思っていたら、長い時間、グラグラと揺れました。

自宅前の工場から次々と従業員が出てきました。

横にある倉庫からは、ものが倒れる音が聞こえてきます。


震度は通知通り震度4。


津波注意報、津波警報が発令されたことをラジオが伝えています。


山元町は避難勧告、隣町の亘理町は避難指示。


 
いま、東北道を北上しています。

本線上の温度計は、マイナス1度、スリップ注意、と出されています。


中山恵一(くま)

【くまプロジェクト】 others プロジェクト ほぼ、区画整理完了! 次は植えるためのゴミの撤去です。 の予定だったのですが、次回はお引越し~


2012年12月2日 日曜日


 昨日の午前は雪でしたが、今日は風もなく、過ごしやすい一日でした。


 住職がまず、デコボコしていた区画を重機の排土板で平にしてくださいました。
 そして、周回通路とするところの横に、花を植えるための黒土を持って行きました。

01-IMG_20121202_113409.jpg


 作業をしていると、近くに住む方から、チューリップをたくさん植えたいから、地面を掘って欲しいとの依頼を受け、四角くチューリップを植えるための溝を掘りました。

 依頼して下さったのは、山元町内の特別支援学校に勤務する菅野(かんの)久美子先生でした。菅野先生は小さな頃から山元町で過ごし、小さな頃から菅野先生を知っている写真右の菊地さんからは「くみちゃん、くみちゃん」と呼ばれていました。

02-IMG_20121202_123931.jpg


 チューリップを植える区画の横には、うね(盛り土)がされた「為せば成る園」があり、菜の花の芽が出ていました。

03-IMG_20121202_124128.jpg


 活動現場に戻ると、菊地さんがまだ手を付けていなかった区画の草を刈払機できれいにされていました。

04-IMG_20121202_151443.jpg


 草がなくなった土地を見て、あらためて広さを感じます。

 ここが草花でいっぱいになり、地域の方々が集う場所になるかと思うと、「よし! やろう!」と改めて思いました。


 菊地さんが草刈りをされている隣の区画では、テラセン副センター長であり、SVTS【風組】関東支部の小林さんが手配をした材料で、鳶職の方々で結成された IROHA48(いろは よんぱち)の方々が、夕方までに倉庫を完成させていました。朝にはなにもなかったのに、すごいです。

05-IMG_20121202_151512.jpg

06-IMG_20121202_160708.jpg


 作業をしている区画では、周回通路の位置決め、その通路のサイドに花を植えるための黒土を盛り、広場にする周回通路の内部は整地しました。

07-IMG_20121202_151628.jpg


 あとは、石などの異物を耕運機を使いながら、除去していけば、植える準備はほぼ完了です!!



 さて、来週はIROHA48の皆さんが建てた倉庫の区画の整地!


 …という予定だったのですが、今週まで作業をしていた区画が売りに出されることになり、この区画に植えた菜花や看板などは、次回は撤去して更地に戻すことになりました。

08-IMG_20121202_113433.jpg



 残念…
 
 と一瞬は思ったのですが、でも、地主さんが新しい生活を始めるためのお金を得るため、大切なことです。

 もしかしたら、売った土地を業者を通じて買う人がいて、そこに新たに住宅を建て、住み始めるかもしれません。

 それは素晴らしいことではないですか?? 


 喜んで、次回、隣の区画へ引っ越しさせていただきます。


中山恵一(くま)

【くまプロジェクト】 others プロジェクト 初雪の日の作業


2012年12月1日

others プロジェクト 第二回目活動


宮城県山元町では、初雪が降りました。朝、カーテンを開けると雪が舞っていました。

01-IMG_20121201_101854.jpg


テラセンから重機を借りて、作業現場へ向かいます。

途中、運行を休止しているJR常磐線の踏切を通過します。

通常、重機が線路を横断するときは、鉄板などで線路を護り、JRに許可を受ける必要があります。しかし今は休止中の踏切。そのまま通過します。

02-IMG_20121201_091618.jpg


作業現場です。雪が積もっています。
これは、南から北を見たところです。

03-IMG_20121201_092430.jpg


まず、草の根やコンクリート片が残っている表土を薄くはぎ取っていきます。

04-IMG_20121201_094236.jpg

07-IMG_20121201_125234.jpg


次に、土が固すぎて耕運機が使えないので、掘り返します。

家が建っていた頃に使っていたであろう玉石がたくさんでてきました。

09-IMG_20121201_132901.jpg


ちなにに、先週植えた菜花は、こんな感じです。

11-IMG_20121201_120019.jpg


住職が重機を操縦し、区画内に周回通路を作っています。

重機がある所と、直角に曲がって奥に向かっていく通路ができます。

12-IMG_20121201_155528.jpg


ここで、住職手作りの看板の文字&イラストが登場しました!

13-IMG_20121201_143629.jpg


左が住職、右が今回の others プロジェクト の最高顧問、菊地さんです。

14-IMG_20121201_143733.jpg


住職はその後、看板の周りに花を植えたり、玉石で通路を作ってくださいました。

15-IMG_20121201_155440.jpg

16-IMG_20121201_163135.jpg


まだまだこれから耕したり、耕しながら土中から出てくる石などを取り除かなければなりません。


この others は、地域の方々が集い、語り合うことができる場所を提供し、少しでも地域がにぎやかに、華やかになれば、という菊地さんの願いからスタートしています。


土地が荒れ放題の被災した山元町。 

ここに住みたい、と戻ってきて生活していらっしゃる方々がいます。

ここに戻りたい、と悩んでいらっしゃる方々がいます。


個人所有地を使って、そのような方々のお力になれるのは、行政ではできません。

地域の方々だけの力でも、難しいことでしょう。


そこで、「ボランティア」と呼ばれる人々が必要とされているのです。


ぜひ、others に参加してみませんか??


また、山元町に来なくても others のために、自宅でパンジーなどを種から芽が出るまで育てて頂ける方も募集しています。


あなたが育てた花が、山元町を色鮮やかにします。


ぜひご協力ください。



あ、ちなみに、山元町内はネズミが大発生していて、いま宿泊しているところの屋根でも、ネズミの運動会が始まっています。

カリカリと壁をかじっています。

それで出来た穴がこれです。

17-IMG_20121201_225953.jpg


宣伝ではないのですが、アース製薬のねずみホイホイが良いようです。


パンジーを育てて下さる方、ねずみホイホイをご提供くださる方、kumaproject.info@gmail.com までご連絡ください。


中山恵一(くま)
最新記事
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。