FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年度が始まりました!

 今年度の授業が始まりました。 今年は、これまでの継続の教職課程に在籍する学生を対象とする授業(野外教育)と、新しく留学生を対象にした授業(英語)を担当しています。

 明海大学には日本語研修課程が設置されており、そのカリキュラムの中に英語の授業が選択で開講されています。日本の大学に進学したい留学生が多いため、受験のために英語を学びたいという学生が履修しています。

 せっかく野外教育を専門としている人間が英語の授業を担当することになったので、最近言われるようになってきた「コミュニカティブな英語」を目指し、様々なゲーム(アクティビティ)をしています。

 他者と相談して協力する必要があるゲームは、英語でのコミュニケーションを必要とするので、まさに「コミュニカティブ」な英語となります。ゲームをすると学生も「おもしろい!」という反応になり、英語に対する拒絶反応も小さくなります。

 アクティビティをした後に振り返りでの発言や、経験を思い出しながら書くジャーナルは、文法力、単語力を必要としますし、なにより英語を道具として認識するようになってきます。

 いわゆる「受験対策講座」のような形式ではないので、「バリバリ受験勉強したい!」という学生、「伝統的な受動的な授業を受けたい」という学生には物足りないかもしれません。

 でも「楽しい」と思うことが自ら勉強するきっかけとなり、受験勉強の英語力を伸ばすのは結局学生自身がどれだけ自習をしたか、にかかってくることと考えています。そのため、私の授業では学生が自分で勉強をするきっかけを作る、ということを主眼においています。


 教職課程の学生を対象とした授業では、野外教育の基本哲学である「経験を通じた学び」を実践するため、学生が自ら考え、計画し、実行する力を経験から育むことができるよう、学生自身が興味を持つテーマに基づいたリサーチを行う予定です。また、アクティビティの指導も授業中に課し、今年は前期末にキャンプ実習を行う予定です。

なかやま
スポンサーサイト

テーマ : 短大・大学
ジャンル : 学校・教育

最新記事
カレンダー
03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。