FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東邦大「長野やアメリカのキャンプについて」

Q.
授業中に紹介があった長野やアメリカでのキャンプに興味があります。1)Bコースを取らなければ行けないのでしょうか。2)今年の夏は予定があるのですが、その時期以外でも参加できるでしょうか。

A.
1)いいえ、Bコースを取らなくても参加できます。

長野のキャンプは最低3名 リンク

アメリカのカヌーキャンプは最低4名 リンク

から実施します。東邦大学のプログラムとして実施するものではありません。


また、冬にはアメリカで夏のキャンプをするところと同じところで、犬ぞりもできます。 リンク

日程などは、参加希望の学生の都合に合わせます。中山にメールをください。


2)「笑顔になろうプロジェクト」は、8月と3月に実施しています。「浦安市こどもの広場」は通年でボランティアを受け入れています。キャンプは夏がメインですが、それ以外のシーズンでも希望者がいれば実施します。
スポンサーサイト

東邦大「教職体験の認定対象は?」

Q.
教職体験について質問です。夏休みに小学校の課外遊びの手伝いをする予定になっています。それは教職体験の時間に含まれるのでしょうか。

A.
 これについてはまったく分かりません。新保先生に相談してください。授業で説明した「笑顔になろうプロジェクト」は教職体験の時間に算入することができます。

東邦大「相手の話の聴き方」

Q.
話をするとき、相手に正対し、目を見ることが礼儀だと思っているのですが、形ばかり気にして、相手の話の内容が入ってこないことがあります。どのようにすれば、相手を不快にせず、かつしっかりと内容を理解することができるでしょうか。

A.
 イヤな印象を与える話の聴き方、例えば携帯をいじりながらなどは論外です。しかし、必ずしも相手に正対することが良いとは限りません。場合によっては、相手にプレッシャーを掛けてしまうことがあります。

 私がカウンセリングのトレーニングを受けたときに言われたことは、クライアント(話を聴く相手)に「逃げ場を残せ」ということです。クライアントと正対する、目の前に座る、立つと、圧迫感を与えかねません。そのために、少し斜めから話すようにすると、クライアントの目の前は開放されており、気分的な圧迫感が減ります。また、目を見過ぎると、これも圧迫感を与えてしまうことがあります。適度に目をそらすことも良いでしょう。

 あなたは、自己分析がしっかりできています。自分が礼儀だと思っている聞き方、形を気にし過ぎている自分、それにより、内容が入ってこないことがある、と自身のことを分かっています。次は、自分自身の課題であると考えている「相手の話の内容を理解する」ためにはどうすればいいか、考えて、実践していきましょう。

 「コーチング」という手法があります。もちろん、傾聴という技術もあります。これらを学んでみてはどうでしょうか。

東邦大「アメリカでは差別を学ぶのか」

Q.
他の授業も、アメリカで教育を受けてきた先生でした。その先生も、「差別」のことをとてもおっしゃっていました。アメリカで学ぶと、差別のことも学ぶことができるのでしょうか。

A.
 多くの日本人は、差別を受けることなく生活をしていることと思います。アメリカで生活をすると、差別について意識することが多いです。それは、いわゆるアジア系、ヒスパニック系、黒人、白人といったように、見た目だけで「違い」がはっきりしているからです。人種によって対応が変わることはしばしばです。授業でも言いましたが、年齢を聞くことも差別に当たると考えられています。血液型もそうです。

 私自身、街を歩いていたら、正面から歩いてきた白人の若者2人にヘラヘラ笑われながらイヤな言葉を浴びせられ、歩いている先に「ペッ」とつばを吐かれたことがあります。「おい、XX人(日本以外の国名)、英語分かるか?」と言われたこともあります。

 どのような人種であろうが、何歳であろうが、血液型が何型であろうが、いま目の前にいる人が、いま付き合いがある人なのだから、関係ない事柄なのです。

 アメリカで学ぶと差別を学ぶ、というわけではありませんが、初めて「差別を受ける対象者なんだ」と意識せざるを得ない環境でした。

東邦大「多感な中学生に対応するには」

Q.
将来の職場になる中学校の生徒は多感な時期だと思います。場の雰囲気を和ませるために、今回の授業で行ったようなこと以外にも何かありますか。

A.
 寄り添うことです。話を聴くための傾聴の技術を持つことです。「できない」生徒の気持ちを理解することです。一つでも、その生徒のユニークさを認めることです。

 傾聴のセミナーを受けて、傾聴ボランティアをしてみてはどうでしょうか。傾聴ボランティアだと高齢の方を対象にしたものが多いですが、探すと生徒年代のボランティアもあると思います。または、傾聴とはどこにでも応用できるものですので、生徒年代のボランティア全般にも有効な技術です。
最新記事
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。